理念・代表メッセージ

理念

情熱と信頼

創業以来ずっと大切にしてきていること。それは『情熱』と『信頼』です。
『情熱』=本気になって、夢中になって、楽しむこと。
『信頼』=手を差し伸べある関係性であること。
この2つはどんな事業でも共通して言えることです。情熱を持って仕事をして、うまくいったことは自慢したくなるし、うまくいかなったときはしっかり反省して改善する。そうしてお客様とも、従業員とも信頼を築いていくものなのではないかと思っています。

代表メッセージ

すべては地域のみなさまのために。必要とされる企業へ。
代表取締役 小橋 一男
社長になるために人の何倍も働いて、何倍も遊んだ。
代表取締役小橋 一男

私が19歳の頃、この会社の基盤でもある水道工事の会社に勤めました。働き始めて数年が経った頃、お世話になった社長へ恩返しの意味も込めて「自分も社長になる」と決意。今思えば、それが私の転機だったかもしれません。
社長になるためには、人の何倍も働いて、何倍も遊んで、失敗も成功も何倍も体験することが大切だと思います。それを若い頃の私は実践し、とにかくがむしゃらに生きてきました。その後、様々な経験を経て25歳の時に父からマルシンを継ぎました。
就任時は設備業一筋でやってきましたが徐々に周りが見え始め、他にもっと街に貢献できることをしたいと思い老人介護事業をスタートしました。

オフィス外観
街のために、人のために。

私は子供の頃、医者になりたかったんです。現在は稼業を継ぎ医者ではありませんが、医者に近い何かをしたいという思いはずっとあります。そこで手掛けたのが老人介護事業です。医者のように病気は治せませんが、日々のリハビリや生きる活力、心のケアなど人に寄り添うという意味では医者に近いと思っています。「街や人に貢献すること」これが私の永遠の目標です。
当社の2つの事業は違うようで実は似ています。どちらも「人のため」に動いています。設備は生活の基盤を作るために、介護はご利用者様のサポートをするために。今後も新事業を展開しなていきながら、地域の皆様に貢献できるように日々精進していきたいです。

沿革

平成10年
4月
丸伸工業設立
平成12年
8月
有限会社丸伸工業法人化/資本金三百万円
代表取締役/小橋忠勝 
取締役/小橋一男 
平成13年
12月 
代表取締役変更 
新代表取締役/小橋一男 
新取締役/小橋忠勝 
平成15年
5月
取締役選任(追加) 
新取締役/小橋真寿美 
新取締役/菊地孝
平成16年
5月
グループホームポコ・ア・ポコ大洋設立
住所/鹿島郡大洋村大字阿玉920
平成17年
8月
デイサービスセンターポコ・ア・ポコ大洋増床 
15人/日対応
平成18年
7月
社名・住所変更 
新社名/株式会社マルシン
新住所/鉾田市勝下1505-6(工事部・本社)
平成19年
5月
デイサービスからグループホームに増床 
デイ3人/日 
1ユニット/9人(B棟)
平成20年
7月
資本金一千万円に増資
平成24年
4月
グループホームレガート増床 
1ユニット/9人 
住所/鉾田市青山1542-1
平成25年
8月
新本社社屋完成 
総務部・介護部・工事管理部・工事施工部作成
平成26年
8月
取締役選任(追加) 
新取締役/村田正志
令和2年
11月
鉾田本社を鉾田営業所とし、水戸に本社機能を移転。